笑って笑って

b0164299_11125954.jpg

「笑えない時もあるけれど、命があれば笑おうよ」
って、すみちゃん先生はよく仰います。
それを聞くたびに、極限を知っている人の言う「ことばさん」だな~とRIKUは思います。

すみちゃん先生の生きてきた人生を考えると、頭が下がりまくりの人生だけど。。。。
「とどのつまり笑うが克ち」という生き方。実践されているすみちゃん先生は、
困難を学びとして受け入れて、死を寿命として受け入れ、病を休息期間と受け入れて、
生きる喜びに満ち溢れています(^^♪

ある人が「すみちゃん先生の一生懸命は僕の一生懸命とは種類違うから、僕はその言葉は使わない!!」
って仰って、目かウロコでした。

「一生懸命」は「一所懸命」と母から中学生の頃に教えられたRIKUは、
この頃やっと、その生き方の入り口の場所がわかったぐらいです。

なかなか、トライ出来ないけれど、いつかは自然に「生老病死」を受け入れられる人間になる。
[PR]
by onibabanoai | 2009-04-29 11:29 | 絵手紙

絵てがみで高知を元気にするぞ!!をテーマにしてすみちゃん先生が県内21ヶ所の教室をグールグル!弟子のRIKUが見て触れて感じた事をそのまま書いてます☆


by onibabanoai
プロフィールを見る
画像一覧